FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国で鳴り止まない岡崎を称賛する声 渾身のオーバーヘッド弾は「あの伝説の名シーンを彷彿」

英国で鳴り止まない岡崎を称賛する声 渾身のオーバーヘッド弾は「あの伝説の名シーンを彷彿」

岡崎の華麗なオーバーヘッドでの一撃は、イングランドでも大きな話題となっている【写真:Getty Images】
映画『勝利への脱出』のペレを想起させるゴールと、英紙記者がツイート
 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は、14日に行われたプレミアリーグ第30節のニューカッスル戦に先発出場し、衝撃的なオーバーヘッド弾で貴重な決勝点を挙げ、チームを1-0の勝利に導いた。侍ストライカーの豪快なショットは、名作映画のクライマックスでサッカーの王様が決めた伝説の一撃を彷彿させるという声が、英メディアで上がった。

プレミアから忘れ去られた9人 和製ベッカムと称された中田ヒデもその一人に

 奇跡のリーグ優勝に続く架け橋のような一撃だった。前半25分、MFオルブライトンの左クロスが相手DFの頭に当たり、ふわりと浮いたボールをFWヴァーディが頭でつなぐと、ゴール前にポジションを取っていた岡崎は豪快なオーバーヘッドで合わせて、ゴールネットを揺らした。本拠地キングパワー・スタジアムでの嬉しい初ゴールが、貴重な決勝点となった。

 チームの決勝点となった妙技を、英メディアも試合後に絶賛したが、英高級紙「ザ・タイムス」のチーフライター、マット・ディッキンソン記者は、伝説の一撃と重ねている。

「そして、キング・パワーが再び沸騰している。オカザキのバイシクル・キック。『勝利への脱出』のペレを想起させる」

 自身のツイッターで本拠地の大騒ぎと、侍ストライカーのゴールをサッカーの名作映画の名シーンに重ねながら速報している。

華麗な一撃で名声を一気に高めたか
 『勝利への脱出』は、1981年公開の第二次世界大戦の強制収容所をテーマにした映画。マイケル・ケイン、シルベスター・スタローンという名優とともに、元ブラジル代表の伝説的ストライカーのペレ、元イングランド代表DFボビー・ムーア、横浜F・マリノスなどで指揮を執った元アルゼンチン代表MFオズワルド・アルディレスら名手が出演していた。

 ドイツ代表対連合国軍捕虜チームとの試合で、ペレ演じるルイスは連合国チームの一員として途中出場し、華麗なオーバーヘッドキックを右足で決めた。スローモーションで2度も繰り返された華麗な一撃は、この映画のクライマックスの一つだった。このゴールで連合国捕虜チームは、4-4に追いつく。そして、ドイツ代表に与えられた疑惑のPKを、GK役のスタローンが横っ飛びでスーパーセーブを決めると、大興奮の観衆がなだれ込み、捕虜は大脱走を果たすという内容だった。

 サッカー映画史に残る名シーンに例えられた岡崎だが、これまでは前線での守備面での大きな貢献で評価されてきた。だが、一世一代のオーバーヘッド弾でイングランドでの名声を一気に高めた格好だ。
引用元:Yahooニュース





こちら⇒無料動画だけで全員を稼がせるノウハウを公開。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ
リンク
プロフィール

つばさ

Author:つばさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。